スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球

地球
地球(ちきゅう - Earth)は、太陽系の惑星のうち、
太陽に3番目に近いものである。太陽系の中では岩石質
「地球型惑星」に分類され、その中で大きさ、質量と
もに最大のものである。放射性元素による隕石の年代測
定により、誕生してから約46億年経過していると推定さ
れる。太陽系の年齢もまた隕石の年代測定に依拠するの
で、地球は太陽系の誕生とほぼ同時に形成されたとして
よい。10個程度の火星サイズの惑星(原始惑星)の衝突
合体によって形成されたと考えられている。

組成は地表面からの深さによって異なる。地表付近は酸素
とケイ素が主体で、他にアルミニウム・鉄・カルシウム・
ナトリウム・カリウム・マグネシウムなどの金属元素が含
まれる。ほとんどは酸化物の形で存在する。対照的に、
中心部分は鉄やニッケルが主体である。地表面の70%は
液体の水(海)で被われており、地表から上空約100kmまで
の範囲には窒素・酸素を主成分とする大気がある。大気の組
成は高度によって変化する。

地球の運動
太陽の周りを円に近い楕円形の軌道を描いて1.0000太陽年に
1回公転し、また0.9973平均太陽日に1回自転している。

1太陽年とは太陽が春分点から春分点まで一巡りする時間、すな
わち季節が一巡する時間をいい、365.2422日である。1平均太陽日
とは、天の赤道上を等速運動するとした仮想太陽(平均太陽)が、
南中してから次に南中するまでの時間をいう。地球の歳差により春分
点が移動するため、1太陽年は、恒星が動かないものとして見た時に
地球が太陽の周りを一周する時間として定義される1年(恒星年)より
短い。1恒星年は365.25636日である。春分点が南中してから次に
南中するまでの時間を1恒星日といい、1日は1平均太陽日以外にいくつ
か存在している。1太陽年や1恒星年を表現するのに用いられる1日は、
太陽系天体の位置計算における時刻引数として使用される力学時
(Dynamical Time) における1日であるが、1平均太陽日と考えても特に問題はない。

地球の赤道面は、公転面に対して23度26分傾いている。
この傾きは自転軸の傾きでもある。季節変化の主な要因として軌道離心率と
自転軸の傾きが考えられるが、地球の場合、自転軸の傾きが効いている。
軌道離心率が0.0167ということは、太陽に最も接近したとき(近日点通過)と
太陽から最も遠ざかったとき(遠日点通過)で、太陽約3個分距離が違うことを
意味している(0.01天文単位が太陽直径程度である)。
光量に直すと約7%の変動ということになるが、これよりも自転軸の傾斜を原因
とする太陽高度の変化(光が差し込む角度)と日照時間が効くのである。太陽
に最も接近するのは1月2日前後、最も離れるのは7月2日前後である。離心率や
自転軸の傾斜は、木星などの引力の影響により数万年周期で変動している
(ミランコビッチ・サイクルを参照)。

天の北極から見て、自転、公転ともに反時計回りである。

スポンサーサイト

theme : 地球環境を考えよう!!
genre : 福祉・ボランティア

リンク集 2
リンク
人気HPランキング
人気HPランキングへGOOO!
人気ホームページランキングへ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ぽちっとお願いします。
ぽちっとお願いします。


にほんブログ村 環境ブログへ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
数字
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。